FC2ブログ
ある日突然、ひきつけ(痙攣、発作)を起こしたうちの犬。てんかんじゃないと信じつつ、治療や薬の代わりに栄養(手作りごはん、トッピング、ドッグフード併用)で症状を出ないようにするぞ~! ドッグフードランキング(左下)も、ぜひご協力お願いしますm(_ _)m
てんかん(ひきつけ)症状に良い/良くないアロマ、ハーブ
2011年05月14日 (土) | 編集 |





てんかん(ひきつけ)様症状にアロマ、ハーブ

精油の成分
ケトン」「ラクトン」などを含むものが
てんかん(痙攣)には良くないとされていますよね。

あくまでも成分の濃い「精油」のデータですが
飲用(ハーブティー)も然り、と思います。

少なくとも下記のものは避けたほうがよいようです。


*この記事は
「お庭で育てているハーブ」について、2011.5.11に
いつも私のブログに遊びに来てくださっているショコラさんから
ご質問いただいたので、私が調べた範囲でわかっている事を
コメントさせていただき、それをアップしたものです。

   てんかんなんかじゃないぞっ1



てんかん、痙攣症状には避けたい

(すべて系統)

キャラウェイ
シダー
セージ
ディル
ハッカ(ヒソップ)
フェンネル
ミント 
ヤロー 
ユーカリ
ラベンダー 
ローズマリー
リコリス



てんかん(痙攣)症状によいとされる


ゴツコーラ(ツボクサ)

 

スカルキャップ


 

   
ただし、自身の愛犬につきましては
まずは食事の改善
   ↓
けいれん(てんかん)症状が良くならなければ
ハーブやフラワーレメディ、ホリスティック
   ↓
獣医さんによる投薬

と考えておりました。

今日(2011.5.14)現在、ありがたいことに
食事療法(手作り食プラス)を始めてから
愛犬は
痙攣(てんかん)発作を起こしていません。

ですので、上記のてんかん(痙攣)などに良いとされる
ハーブ類はまだ用いておりません。


       てんかんなんかじゃないぞっ6


おまけ:
実は、これはいろいろ調べているうちに発見した商品で、注目しています。

今現在の食事療法だけでは難しかった場合、ハーブなどの前にまずは、この
カリカセラピというものをプラスしてみようかと、刮目しているんです。

カリカセラピとは、
青パパイヤを酵素や乳酸菌などで発酵させた乾燥食品だそうで、
てんかんなどにも効果的だとの発表もあるのです。



カリカセラピは犬だけでなく、どの動物にもあげることができるそうで
(食品ですから当たり前でしょうけど)、
体重1キロに対し、一日耳かき1~2杯程度とのこと。

「カリカセラピ、愛犬にあげてます」というかた
いらっしゃいましたら感想をお教えいただけるとうれしいです

「犬」だけに「ポチ」っ!
いただけると喜びますヽ(*⌒∇⌒*)ノ→

  

    
 
スポンサーサイト



テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット