FC2ブログ
ある日突然、ひきつけ(痙攣、発作)を起こしたうちの犬。てんかんじゃないと信じつつ、治療や薬の代わりに栄養(手作りごはん、トッピング、ドッグフード併用)で症状を出ないようにするぞ~! ドッグフードランキング(左下)も、ぜひご協力お願いしますm(_ _)m
まさか、まさか! の再びのひきつけ(痙攣、癲癇)
2011年03月02日 (水) | 編集 |





動物病院の先生に
「次にいつ、この
てんかん症状(ひきつけ、けいれん症状)が出るか」
を見たい、
と言われたとき、
正直、次はもう、ないわと思っていました。
思い込もうとしました。
大丈夫だと、思うようにしました。いや、そう信じていました。

というのも、先代の同犬種が一度だけ、痙攣を起こし
その後一度たりともその症状を起こさなかったからです。

   てんかんなんかじゃないぞっ3

先代の愛犬は
今、お願いしている先生とは別の病院に行っていましたが
一代前の愛犬に対し、
信頼している院長先生ではなく、違う先生が見てくださった際、
「動物病院の医師が口にすることではないでしょう」
というような、ちょっと耳を疑うような言葉を発せられたので
今の愛犬は、そこではない病院に
最初からお世話になっています


   てんかんなんかじゃないぞっ11

さて、先代の痙攣(ひきつけ)の原因は、何度も書きましたように
映像の光の効果によるもの。
それから、心臓に不整脈があるといわれ、
次に発作が起きたときは
ニトロ舌下に入れるようにと、すぐに薬を処方されました。

でも、その錠剤も先代は一生、使うこともなく生きてくれました。
幸せに生きてくれて、ありがとう

   てんかんなんかじゃないぞっ11

そんな経緯があったので、
今の愛犬は、先生に
「心臓も大丈夫」とおっしゃっていただいたし、
「すっとこどっこいな子(犬)だからきっと、
糞詰まりだったんだわ~~~」
と、強気に思っていたのです。

まさか、まさか! の再びのひきつけ(痙攣、癲癇)の2 へ続く

「犬」だけに「ポチ」っ!
いただけると喜びますヽ(*⌒∇⌒*)ノ→

  

    
 
スポンサーサイト