FC2ブログ
ある日突然、ひきつけ(痙攣、発作)を起こしたうちの犬。てんかんじゃないと信じつつ、治療や薬の代わりに栄養(手作りごはん、トッピング、ドッグフード併用)で症状を出ないようにするぞ~! ドッグフードランキング(左下)も、ぜひご協力お願いしますm(_ _)m
てんかん、糖質、脂質、マグネシウム
2013年11月15日 (金) | 編集 |





兵庫県尼崎市で
あい動物病院の院長として腕をふるわれる、
池上裕先生の記事がとても参考になりますので
転載させていただきます。

   てんかんなんかじゃないぞっ2


糖質について

最近、何かと甘いものは
ワンちゃんに与えてはいけないと言う話を良く耳にするのですが、
実はこれは、科学的根拠の無い話です。
したがって、ワンちゃんたちに甘いものを与えることを、
なんらためらう必要は無いのです。 それどころか、実は
てんかんのあるワンちゃん達には、糖分を十分に与えておかなければいけない
のです。 ですから、日頃のケアーの第一番目として、
まず糖質を十分に与えておく事が大切です。

糖質とは、分解されて糖をつくり出す物の総称です。
なぜ、糖質を与えなければならないのでしょうか?

実は、脳は、エネルギーを供給する栄養素として、糖しか受け入れないのです。
糖はエネルギーに変換される時に、何一つ、老廃物を残さない、クリーンなエネルギー源なのです。

一方、糖以外の物、例えばタンパク質や脂肪をエネルギーに変えようとすると、
たくさんの老廃物が出てきてしまいます。

それらの老廃物は、脳にとっては非常に毒性が強く、
障害を引き起こし後遺症を残す原因となります。

従って、このような事を起こさない為にも、脳は日頃からエネルギー源として
糖以外のものを受け入れようとはしないのです。

ところが、いざてんかん発作となると、脳には過大な仕事が課されるため、
糖分の補給が追いつかなくなることがあります。

てんかん発作の最中に、糖分の供給が途絶えてしまうと、
脳は近くにある脂肪やタンパク質をエネルギーに変えて活動を維持しようとします。

この動きによって、脳の中には急速に老廃物が溜まってきます。
脳には日頃から、外で作られたこの老廃物を脳の中に入れないための
障壁(血液脳関門)が働いています。

しかし、重篤な発作のときには、脳の中で発生した老廃物が、
逆にその障壁を越えて外に出ることが出来ない為に、
重大な障害や後遺症をもたらします。

この現象は最悪の場合、ワンちゃんを死に至らしめます。
しかし、逆にどんなに重篤な発作のときでも、
糖分の供給を十分に続けることが出来れば、障害も後遺症も無く、命も助かるのです。

ですから、日頃から糖分を十分に蓄えさせておく事が大切なのです。


糖質の補給源としては、純粋に人が食べている甘いもの
(大量のチョコレートは除く)の他、米やパン、イモ等の、でんぷん質が有効
です。

もし、ワンちゃんにドッグフード以外の食べ物を与えるのに抵抗のある方がおられたら、まずはこちらをご覧になって下さい。



脂質について


次に大切なのは、脂質です。
とかく何かと嫌われ者の脂質ですが、
神経疾患のワンちゃんには、極めて大切な栄養素です。

中でもコレステロールは少なければ少ないほど健康であるかのような誤解
を受けていますが、実は体の中で一番たくさんコレステロールを持っている臓器は、
脳なのです。

言い換えると、脳はコレステロールに依存しているわけですから、
脳の働きを健全に保つ為にはコレステロールの補給を十分に行う必要があるのです。

また、最近話題のセラミドという物質は、神経細胞でも大切な働きを
していることが分かってきていますが、このセラミドには、常に脂肪酸が結合しています。

また、頭が良くなる栄養素として有名なDHAやEPAも脂肪酸の仲間ですから、
脂肪が脳にとってどれほど大切な栄養素であるか、お分かり頂けるのではないでしょうか。

てんかんのワンちゃんは、脳の一部に機能的な障害が有る訳ですから、
その機能を回復させる為に、
脳の基本構造を支える脂肪を十分に与えることは、計り知れないメリットをもたらすのです。
それでもまだ、油分を与えることに抵抗のある方は、「食事について」をお読みください。
本当に与えてはいけない油と、与えるべき油が入れ替わっていることがお分かりいただけると思います。

今、ワンちゃんの飼い方を解説する本などには、
余分な油分を与える事はいけないことのように書かれていますが、
実は、その事がかえって、神経系の障害を持つワンちゃんの機能回復に歯止めを掛けているのです。


マグネシウム


ワンちゃん猫ちゃんのフードの世界では、ほとんど悪者扱いのマグネシウムですが、
神経の病気を考えるときには欠かすことの出来ない栄養素です。

殆どの人にとって、マグネシウムといって思い浮かぶのは、尿路結石症ではないでしょうか?

かつては、食餌に入っているマグネシウムの量が不適切であることが原因で
マグネシウム結石が発生すると言われてきました。

残念ながら今でもその風潮は改まる事なく、広く一般には信じられています。

しかし、今ではワンちゃんの尿路結石症の殆どは、尿路感染症によって起こると考えられています。
最先端の研究者達の間で、食餌中のマグネシウムの量が原因で
尿路結石が出来ると考える人は殆どいなくなっています。

一方、基礎研究の現場では、多くの成人病がマグネシウムの摂取不足からきている
のではないかと考えられています。

このように、実はマグネシウムというのは、体にとって非常に重要なミネラルなのです。

大動物(牛や馬など)では、マグネシウムの不足が、
「グラステタニー」と言う痙攣発作の原因になることが古くから知られています。
現在のところ、マグネシウムの不足が犬猫にそのような発作を起こすという事は
証明されていませんが、可能性は有ります。

実際、私の病院では、マグネシウムだけを投与して、
発作が消失した症例は数え切れません


マグネシウムを制限することに何の意味も無くなった現在では、少なくとも、
てんかんのあるワンちゃんには、十分なマグネシウムの補給
しておくべきだと私は考えています。

家庭で利用できるマグネシウムの補給源としては、魚介類や海産物などが有効です。

ひと頃流行った「にがり」なども、とても役に立ちます。

にがりを与える時には、下痢をしないように注意が必要です。
マグネシウムはしばしば下剤としても利用されているミネラルですから、
与えすぎると簡単に下痢をしてしまいます。


   てんかんなんかじゃないぞっ6


HPはこちらですhttp://www.k5.dion.ne.jp/~ai.a.hsp/index.htm


「犬」だけに「ポチ」っ!
いただけると喜びますヽ(*⌒∇⌒*)ノ→

  

    
 
スポンサーサイト



てんかんの治療に使用される薬
2013年11月14日 (木) | 編集 |





てんかんの治療に使用される薬

兵庫県尼崎市で
あい動物病院の院長として腕をふるわれる、
池上裕先生の記事がとても参考になりますので
転載させていただきます。

     てんかんなんかじゃないぞっ!


てんかんの治療に使用される薬


フェノバルビタール

現在てんかんの治療薬として、もっともよく使用されている薬は、フェノバルビタールです。

この薬は、良く効く反面、肝障害、過食、ふらつき、嗜眠などの副作用を持ち、特に長期にわたる治療においては、肝障害が深刻な問題になります。

フェノバルビタールを与える量が少なければ副作用がでる可能性は低くなりますが、当然効果も落ちてしまいます。

そこで最近注目されているのが、臭化カリウムです。



臭化カリウム

臭化カリウムは人間のてんかん治療薬として、100年以上も前から使用されてきた薬です。

しかし、人間の方ではあまり効果が出ないということで、すっかり使われなくなり、製造も中止されるようになってきました。

そのような臭化カリウムですが、実は犬に対しては非常に良い効果をもたらしてくれることが、明らかになりました。

それは、フェノバルビタールと併用すると、フェノバルビタールの使用量をうんと減らすことができるので、その副作用を押さえることができるのです。

さらに、軽い症状であれば、臭化カリウム単独でも、発作を押さえることができるので、その利用価値はますます広がっています。

しかし、中には臭化カリウム、フェノバルビタールを併用しても、さらには、ジアゼパムという薬を使用しても、発作がとまらない、難治性のてんかんというものがあります。

難治性のてんかん発作は現在のところ、その治療法が確立されておらず、多くの場合に発作の重積から命を落とすか、薬の副作用で肝不全に陥り亡くなってしまいます。



プリミドン(マイソリン)

フェノバルビタールと同じグループの薬です。

体内に入ってから代謝されてフェノバルビタールに変わります。作用も副作用もフェノバルビタールと同じです。



フェニトイン

臭化カリウムが取り上げられる前に、一時期注目された時期がありますが、私個人の考えでは、あまり良い効果が期待できません。

副作用は、フェノバルビタールと同じくらいと考えられます。



ジアゼパム(ニトラゼパム、クロナゼパムも同じです)

発作の薬の中でも、比較的重要な役割を果たす薬です。
とは言っても、持続的な管理に使う薬ではなく、短時間のうちに効果を表し、短時間のうちに体内から排出される薬です。
従って、今、発作が起こっているというときに、とても役に立つ薬ですが、翌日には効果が切れています。てんかんのあるワンちゃんを管理する上では、いざという時のために、頓服として手元に置いておきたい薬です。



一般的にはてんかんの治療に使われていない薬 



マグネシウム剤

私共の病院では、てんかんの症例に対し、マグネシウム剤を使用しています。
マグネシウム剤は、もともと鎮痙剤として使用され、いわゆるテタニー症状の治療薬として使われてきました。
また、下剤としてもよく使用されている薬で、特に目立った副作用は有りません。
その薬を、てんかんの治療に加える事によって、驚く程その症状が改善され、それまでの薬が良く効くようになる事がしばしばあります。
場合によっては、マグネシウム剤だけの使用で発作がなくなり、他の薬を使わずに治っていくこともあります。



EPA(エイコサペンタエン酸)製剤

EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は、かねてから頭が良くなる脂肪酸として注目されています。
このEPA製剤をてんかん発作の治療薬として使用すると、他の薬の使用量を減らすことができる事があります。
中には、発作がとまることもあります。
マグネシウムもEPAも、栄養成分ですから、研究が進めば、低血糖やビタミンB1不足、低カルシウムのテタニーなどのように、てんかん発作の原因の一つに分類されるかも知れませんが、今はまだ、原因不明の特発性てんかんとして治療をします。



最後に・・・ 

これまで書いてきたような内容は、おそらく今まで治療を受けてきて、聞いたことも、あるいは考えたことも無かったのではないでしょうか?

フードさえ与えていれば健康でいられると、盲目的に信じていたかもしれませんが、その結果として今の状態があるのだとは思いませんか?
とすれば、今のままを続ければ、今の状態からは抜けられません。

はなからワンちゃんが病気であるとは決め付けずに、もしかするとフードのせいで調子が悪くなったのではないかと疑ってみてはいかがでしょうか。


HPはこちらですhttp://www.k5.dion.ne.jp/~ai.a.hsp/index.htm


「犬」だけに「ポチ」っ!
いただけると喜びますヽ(*⌒∇⌒*)ノ→

  

    
 
テーマ:毎日が”Dog Days”
ジャンル:ペット
「犬のてんかん発作の誘発因子」について
2013年09月21日 (土) | 編集 |





「犬のてんかん発作の誘発因子」について

宮崎県宮崎市にて
たばる動物病院で腕をふるわれる
田原秀樹委員長の記事を見かけましたので
転載させていただきます。

   てんかんなんかじゃないぞっ2

イヌのてんかん発作の誘発因子>

①発情期。
②特定の薬物(特にフェノチアジン)。
③ストレス。
④興奮。
⑤睡眠。
⑥特定の刺激や出来事(くりかえす音、チラチラと瞬く光)。
⑦体温上昇・呼吸性アルカローシス・低カリウム血症。

<最近の研究>

○麻布大学附属動物病院神経科に来院した
てんかん発作を起こしたことのある症例犬を対象。

○はじめに、てんかん発作の誘因因子として考えられる事項の有無を
アンケート調査した(40頭)。

その結果、

●「発作に誘発因子があると思うか」とのアンケートにYESと答えた飼い主は57%。

●気圧変動・月齢(月の満ち欠け)・情動変化などヒトにおいても
てんかん発作の誘発因子としてよく研究されているものが多く含まれていた。

●気圧に関しては、発作前48時間以内に6hPa以上の気圧変動があった場合に
発作頻度の有意な上昇を認めた。

●月齢については、一部の症例で満月周囲での発作数の有意な上昇と、
満月を過ぎて新月になるまでの間の発作数の有意な減少が認められた。

●情動の変化では、5頭中4頭において、イベント後は
てんかん発作が起こり易いという結果が得られた。

<結論>
◎ヒトと同じように犬のてんかんにも「発作の誘発因子」が存在する。

◎気圧変動の著しい場合には投薬などを怠らないよう留意する。

◎シャンプー時は注意を要する。過度の興奮は避ける。


詳しい記事はこちらです http://tabaru.9syu.net/case/perm/178.htm

「犬」だけに「ポチ」っ!
いただけると喜びますヽ(*⌒∇⌒*)ノ→

  

    
 
テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット
発作のときはどうしたらいい?
2013年07月01日 (月) | 編集 |





発作のときはどうしたらいい?


聖隷浜松病院てんかんセンター・小児神経科で腕をふるわれる
榎日出夫先生の記事をお見かけしましたので
抜粋させていただきます。

犬のてんかんにも有用かと思います。

   てんかんなんかじゃないぞっ10


「発作のときどうしたらいいですか?」

前回は救急車を呼ぶかどうかという話題でした。
今日は、救急車を呼ばずに自宅で様子をみるときのポイントです。

   安全の確保
   発作症状の観察
が大切
だと書きました。

なぜ「発作症状の観察」が重要か。てんかん診断の根幹に関わるからです。
てんかんの診断は、発作の症状を問診によって聞き取ることから始まります。
発作症状を分析していく作業を「症候学」といいます。
発作を目撃した人が症状の様子を主治医に報告する。

   目撃者が正確に報告できるか
   主治医が正確に聞き取れるか
症候学というのは、結局、目撃者と主治医の会話です。
てんかんの診断は、こうした会話の中から組み立てていくのです。
発作を目撃した人は、よく症状を観察し、あとで主治医に報告してください。
「てんかん発作症候学の重要性」については、また近々、書きますね。

安全確保の話を続けましょう。
どこで、何をしているときに発作が起きたか。

   どこで:      そこは危険な場所ではありませんか
   何をしているとき: 周りに危険なものはありませんか
階段とか、風呂とか、危険な場面があります。
怪我をしたり、溺れたりしないように介助してください。
火、刃物、機械など、危険なものから遠ざけましょう。
熱いスープやお茶でも、こぼすとやけどするかもしれません。
炊きたてのごはんも危険ですよ。

発作のとき、吐くことがあります。
発作中だけでなく、発作のあとでも吐きます。
発作のあとは、患者さんは疲れて、ぼんやりしています。
意識がぼんやりしているときに吐くと、吐物が喉に詰まりやすい。
仰向けに寝ていると吐物が口の中にたまりやすく、危険です。
吐物が口の中からすぐに外に出るよう、横向きに寝かせてください。

吐物を肺の中に吸い込んでしまうかもしれません。肺炎の原因となります。
特に重積状態の患者さんは、リスクが増します。
重積のあとは、肺炎になっていないかどうか注意しています。
発熱や咳があれば、肺炎かもしれません。

でも、短い発作の場合、吐物を吸い込んで肺炎になったという例は、みたことがありません。
短い発作では、極端に心配する必要はないと思います。

発作のあとは、脳は疲れていて、眠くなります
しばらく眠らせてあげましょう。
ふつうの発作では30分から1時間、長くて2時間も眠れば回復します。
回復後、頭痛がひどく、嘔吐が続くことがあります
長いと半日続くかもしれません。
これでは食事がとれません。
こんなときは点滴が必要ですから病院を受診してください。
ただし、救急車ではなく、ゆっくり落ち着いて来院してくださいね。

しばらく眠ったあと、けろっとしている患者さんもあります。
むしろ、こちらの方が多いはずです。
元気であれば、特に生活を制限する必要はありません。
どうぞ、学校に行かせてください。
お仕事も大丈夫です。


詳しい記事はこちらですhttp://apital.asahi.com/article/tenkan/2012121400002.html


「犬」だけに「ポチ」っ!
いただけると喜びますヽ(*⌒∇⌒*)ノ→

  

    
 
テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット
世界に先駆け、てんかんのiPS細胞を作成
2013年05月03日 (金) | 編集 |





さて、今朝パソコンで情報を見ていて
てんかんに関する興味深いものを発見しました

福岡大学小児科、
てんかん分子病態研究所の研究グループ(廣瀬伸一・教授、日暮憲道・研究員)と、
慶應義塾大学医学部、生理学教室の研究グループ(岡野栄之教授)が共同で
難治てんかんの患者の方の皮膚細胞から
人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作成に成功したとのこと。

これは世界初ということです。

てんかんに関する研究が一層進むことを願います。

以下、転載しておきます。

   てんかんなんかじゃないぞっ1
     

福岡大学のサイトより
http://www.fukuoka-u.ac.jp/research/column/13/05/02090100.html

世界に先駆け、てんかんのiPS細胞を作成
  ―今後の難治てんかんの病態解明・治療薬開発に期待―

このたび、福岡大学小児科、てんかん分子病態研究所の研究グループ(廣瀬伸一 教授、日暮憲道(研究員))と慶應義塾大学医学部生理学教室の研究グループ(岡野栄之 教授)は共同で、
難治てんかん患者からiPS細胞を作成し、
病態を反映した機能異常を再現することに成功
しました。

てんかんは、有病率が全人口の1%に及ぶ非常に高頻度な脳の疾患で、
繰り返すてんかん発作を特徴とします。

一般的には抗てんかん薬といわれる飲み薬による治療が行われますが、
約3割の患者は
飲み薬では治らない難治てんかんを持っています。

より有効性の高い、新たな治療薬の開発が望まれています。


今回、廣瀬教授らの研究グループは、SCN1Aと呼ばれる神経細胞の活動に深く関わる遺伝子に異常のある、
ドラベ症候群と呼ばれる難治てんかんの患者の皮膚細胞から、
人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作成することに成功
しました。
これらのiPS細胞から神経細胞を分化誘導した結果、
ドラベ症候群由来の神経細胞では、
神経細胞の機能が低下していることを確認しました。

これまで患者から作成したiPS細胞を用いた研究成果が様々な脳の疾患で報告されてきましたが、
てんかんに関する報告はありませんでした。本研究では、
てんかんという脳の機能的疾患において、iPS細胞を用いて培養皿上で
てんかん脳の病態を再現することに、世界に先駆けて成功しました。

本研究成果は医学雑誌「Molecular Brain」のオンライン版で5月2日付けで公開されました。

本研究は、文部科学省・再生医療の実現化プロジェクト、疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究事業、科学研究費補助金などの助成によって行われました。


「犬」だけに「ポチ」っ!
いただけると喜びますヽ(*⌒∇⌒*)ノ→

  

    
 
テーマ:犬のいる生活
ジャンル:ペット