FC2ブログ
ある日突然、ひきつけ(痙攣、発作)を起こしたうちの犬。てんかんじゃないと信じつつ、治療や薬の代わりに栄養(手作りごはん、トッピング、ドッグフード併用)で症状を出ないようにするぞ~! ドッグフードランキング(左下)も、ぜひご協力お願いしますm(_ _)m
発作のときはどうしたらいい?
2013年07月01日 (月) | 編集 |





発作のときはどうしたらいい?


聖隷浜松病院てんかんセンター・小児神経科で腕をふるわれる
榎日出夫先生の記事をお見かけしましたので
抜粋させていただきます。

犬のてんかんにも有用かと思います。

   てんかんなんかじゃないぞっ10


「発作のときどうしたらいいですか?」

前回は救急車を呼ぶかどうかという話題でした。
今日は、救急車を呼ばずに自宅で様子をみるときのポイントです。

   安全の確保
   発作症状の観察
が大切
だと書きました。

なぜ「発作症状の観察」が重要か。てんかん診断の根幹に関わるからです。
てんかんの診断は、発作の症状を問診によって聞き取ることから始まります。
発作症状を分析していく作業を「症候学」といいます。
発作を目撃した人が症状の様子を主治医に報告する。

   目撃者が正確に報告できるか
   主治医が正確に聞き取れるか
症候学というのは、結局、目撃者と主治医の会話です。
てんかんの診断は、こうした会話の中から組み立てていくのです。
発作を目撃した人は、よく症状を観察し、あとで主治医に報告してください。
「てんかん発作症候学の重要性」については、また近々、書きますね。

安全確保の話を続けましょう。
どこで、何をしているときに発作が起きたか。

   どこで:      そこは危険な場所ではありませんか
   何をしているとき: 周りに危険なものはありませんか
階段とか、風呂とか、危険な場面があります。
怪我をしたり、溺れたりしないように介助してください。
火、刃物、機械など、危険なものから遠ざけましょう。
熱いスープやお茶でも、こぼすとやけどするかもしれません。
炊きたてのごはんも危険ですよ。

発作のとき、吐くことがあります。
発作中だけでなく、発作のあとでも吐きます。
発作のあとは、患者さんは疲れて、ぼんやりしています。
意識がぼんやりしているときに吐くと、吐物が喉に詰まりやすい。
仰向けに寝ていると吐物が口の中にたまりやすく、危険です。
吐物が口の中からすぐに外に出るよう、横向きに寝かせてください。

吐物を肺の中に吸い込んでしまうかもしれません。肺炎の原因となります。
特に重積状態の患者さんは、リスクが増します。
重積のあとは、肺炎になっていないかどうか注意しています。
発熱や咳があれば、肺炎かもしれません。

でも、短い発作の場合、吐物を吸い込んで肺炎になったという例は、みたことがありません。
短い発作では、極端に心配する必要はないと思います。

発作のあとは、脳は疲れていて、眠くなります
しばらく眠らせてあげましょう。
ふつうの発作では30分から1時間、長くて2時間も眠れば回復します。
回復後、頭痛がひどく、嘔吐が続くことがあります
長いと半日続くかもしれません。
これでは食事がとれません。
こんなときは点滴が必要ですから病院を受診してください。
ただし、救急車ではなく、ゆっくり落ち着いて来院してくださいね。

しばらく眠ったあと、けろっとしている患者さんもあります。
むしろ、こちらの方が多いはずです。
元気であれば、特に生活を制限する必要はありません。
どうぞ、学校に行かせてください。
お仕事も大丈夫です。


詳しい記事はこちらですhttp://apital.asahi.com/article/tenkan/2012121400002.html


「犬」だけに「ポチ」っ!
いただけると喜びますヽ(*⌒∇⌒*)ノ→

  

    
 
スポンサーサイト
テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット